MENU

閉じる

閉じる


町有施設耐震改修計画と耐震化の状況

トップ > 行政情報 > 防災・注意情報 > 防災 > 町有施設耐震改修計画と耐震化の状況

標茶町耐震改修促進計画

町有施設耐震化計画は、建築物の耐震改修の促進に関する法律第5条の規定に基づき、標茶町で想定される地震について震度や建築部の被害を想定し、地震による建築物の被害を軽減させ、地域地震防災戦力の減災目的を達成するため、平成27年度末までに住宅や多数の方が利用する建築物の耐震化率を9割にすることを目的に策定しました。

町有施設の耐震化の状況

標茶町では、標茶町耐震改修促進計画に基づいて、地震が発生した場合において災害対策の拠点となる役場庁舎、学校教育施設・避難所として利用する各種集会施設および福祉施設など」と耐震改修促進法に規定する特定建築物について、耐震化率を平成27年度末までに100パーセントとするため、耐震診断、耐震改修設計、耐震改修工事を計画的に進めています。

その結果を毎年3月末に公表しています。

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

標茶町役場 総務課交通防災係
〒088-2312 北海道川上郡標茶町川上4丁目2番地
TEL 015-485-2111 FAX 015-485-4111

更新情報

ページの先頭へ