MENU

閉じる

閉じる


ひとり親家庭等医療費の助成について

トップ > くらしの情報 > 健康と福祉 > 医療費助成 > ひとり親家庭等医療費の助成について

1.ひとり親家庭等医療費の助成

ひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)の親とお子さんの医療費の一部を町が助成します。
(注)「ひとり親家庭」には配偶者に重度の障がいがある方も含みます。

2.助成の対象となる方

お子さんの場合

(注1)母親または父親に扶養もしくは監護されていること
(注2)両親の死亡・行方不明などの理由により、両親以外の方に扶養されていること

母親または父親の場合

(注1)「扶養」とは、同居別居を問わず、お子さんの生活面において、経済的援助している状態
(注2)「監護」とは、同居別居を問わず、お子さんの生活面に種々配慮している状態

3.助成内容

下記の自己負担額を除いた保険診療を助成します。

0歳~3歳未満のお子さんの場合の自己負担

初診時一部負担金 医科580円 歯科510円 柔整270円

3歳~20歳未満のお子さんの場合の自己負担

4.申請用法

(注)今年(助成対象月が1月~7月に対する申請の場合は前年)の1月1日の住民登録が町内にある方は必要ありません。町外の方は、1月1日の住所地市町村長が発行する所得・課税証明書の提出が必要となります。

5.受給者証の更新について

有効期限が毎年7月末に切れますので新しい受給者証は7月中にお送りします。

6.その他手続きが必要な場合

その他手続きが必要な場合の概要
このようなとき 必要なもの
転居した場合 印かん、受給者証
加入している健康保険が変更となった場合 印かん、新しい保険証、受給者証
他市町村へ転出した場合 印かん、受給者証
生活保護を受けることになった場合 印かん、受給者証
母親または父親の結婚、養子縁組などがあった場合 印かん、受給者証
死亡したとき 印かん、受給者証
重度心身障がい者に該当した場合 印かん、受給者証
(注)重度心身障がい者医療費の助成手続きが必要となります。

7.関連情報

重度心身障がい者医療費の助成について(住民課年金保険係)

お問い合わせ先

標茶町役場 住民課年金保険係
〒088-2312 北海道川上郡標茶町川上4丁目2番地
TEL 015-485-2111 FAX 015-485-4111

更新情報

ページの先頭へ