MENU

閉じる

閉じる


標茶町特定不妊治療費助成事業について

トップ > くらしの情報 > 健康と福祉 > 医療費助成 > 標茶町特定不妊治療費助成事業について

1.標茶町特定不妊治療費助成事業

不妊治療の内、体外受精および顕微授精(特定不妊治療)は高額な費用を要します。町では経済的負担を軽減する目的で、特定不妊治療に要する費用の一部を助成します。

2.助成の対象となる方

治療の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦のうち、次のすべてに該当する方が対象となります。

3.対象となる治療

  1. 体外受精及び顕微授精
  2. 体外受精及び顕微授精と同時に申請する精子を精巣から採取するための手術(「男性不妊治療」)

(注)男性不妊治療の手術は次の手術です。

4.助成内容

助成額

  1. 採卵を伴う治療は、1回につき15万円
  2. 以前に凍結した胚を用いるなど採卵を伴わない治療、状態がよい卵が得られないなどのため治療を中止した場合は、1回につき5万円
  3. 男性不妊治療は、1回につき15万円

(注1)治療に要した費用から北海道の助成金を差し引いた額が上限額に満たない場合は、その額を助成します。

(注2)助成回数は道事業の助成を受けた回数によって異なりますので、詳細は健康推進係へご確認ください。

5.助成の手続き

北海道の特定不妊治療費助成の決定を受けた後、健康推進係に申請してください。原則、道事業の助成の決定を受けた年度内に申請してください。申請後、内容を審査し、交付が決定したら、申請した口座に助成額が振り込まれます。

申請時に必要なもの

  1. 特定不妊治療費助成金交付申請書(下記からダウンロードするほかに、ふれあい交流センターにもあります。)
  2. 北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定通知書の写し
  3. 2の助成申請の際に添付した[特定不妊治療費助成事業受診等証明書]の写し
  4. 銀行の口座番号がわかるもの
  5. 印鑑

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

標茶町 保健福祉課健康推進係
〒088-2312 北海道川上郡標茶町開運4丁目2番地
TEL 015-485-1000 FAX 015-485-2117

更新情報

ページの先頭へ