MENU

閉じる

閉じる


中山間地域直接支払制度

トップ > くらしの情報 > 農業 > 農業関係 > 中山間地域直接支払制度

中山間地域直接支払制度とは

平成12年度から始まった、わが国農政史上初の「中山間地域等直接支払制度」は、第1期対策・第2期対策の取り組みが終了し、平成22年度より第3期対策(平成26年度までの5年間)としての取り組みが始まりました。

標茶町としては、第1期対策・第2期対策における成果を踏まえ、平成17年度に中山間地域等直接支払標茶町基本方針を新たに策定し、町としてのこの制度に対する考え・取り組み方を示しています。

また、第1期対策と同様に標茶町基本方針に基づき町内の農業者が知恵と力を出し合い、標茶集落として集落協定を締結し、様々な活動を行っております。

ここでは、制度の概要、標茶町基本方針とその開設、Q&Aをご紹介いたします。

制度の概要

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

標茶町役場 農林課農業企画係
〒088-2312 北海道川上郡標茶町川上4丁目2番地
TEL 015-485-2111 FAX 015-485-4111

更新情報

ページの先頭へ