MENU

閉じる

閉じる


国民年金に加入する方は

トップ > くらしの情報 > 総合窓口 > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金に加入する方は

必ず加入しなければならない方は?

日本国内に居住している20歳から60歳までの方は、国民年金の被保険者となります。

20歳になれば、一部の人々(注)を除き、国民年金第1号の加入手続きをすることが必要です。

手続きは、役場住民課年金保険係で行います。

また、国民年金第1号被保険者は毎月、保険料を納めることが必要です。
保険料を納めることが難しいときは、納付猶予制度などがあります。

(注)厚生年金保険加入者や共済組合加入者、またはその配偶者に扶養されている人

任意で加入できる方は

60歳までに老齢基礎年金の受給資格期間(25年)を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合であって、厚生年金・共済組合に加入していないときは、60歳以降(申出された月以降)でも任意加入することができます。

年金の相談窓口とお問い合わせ

詳しくは、日本年金機構ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますもご覧ください。

釧路年金事務所

標茶町役場 住民課年金保険係

本ページ下部「お問い合わせ先」の宛先に、ご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ先

標茶町役場 住民課年金保険係
〒088-2312 北海道川上郡標茶町川上4丁目2番地
TEL 015-485-2111 FAX 015-485-4111

更新情報

ページの先頭へ