○標茶町災害見舞金支給規則
昭和48年3月27日規則第1号
改正
昭和50年3月28日規則第11号
昭和51年3月29日規則第13号
平成5年2月10日規則第4号
平成24年7月5日規則第33号
平成29年12月25日規則第53号
標茶町災害見舞金支給規則
(趣旨)
第1条 この規則は、標茶町内において災害により被害を受けた者に対し、応急援護として災害見舞金(以下「見舞金」という。)を支給し、町民の福祉の増進を図るため必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第2条 この規則において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
(1) 災害 火災又は暴風、豪雨、豪雪、洪水、地震その他自然災害で町長が、認めたものをいう。
(2) 建物 住宅及び牛馬等家畜の飼育に供している施設(以下「畜舎」という。)をいう。
(3) 被害者 災害により被害を受けた者で、現に本町に居住し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)による住民票に記載されている者をいう。
(支給対象)
第3条 見舞金は、次に掲げる被害者(第1号の場合は、その世帯主)又はその遺族若しくは、その保護者に支給する。
(1) 災害により建物が焼失、損壊、流失、埋没、浸水等の被害を受けた世帯
(2) 災害により死亡した者
(3) 災害による負傷のため10日以上の入院治療を要した者
(4) 災害により事業所又は店舗等で業務に支障をきたしていると認められる場合
(支給の認定)
第4条 町長は、被害の状況等を調査し、見舞金の支給の可否を認定する。
(見舞金の額)
第5条 見舞金の額は別表のとおりとする。
(適用除外)
第6条 見舞金は、被害者が災害救助法(昭和22年法律第118号)の適用を受けたときはこれを支給しない。
2 死亡に係る見舞金は標茶町災害弔慰金の支給及び災害援護資金の貸付に関する条例(昭和50年標茶町条例第20号)による災害弔慰金の支給を受けたときは、これを支給しない。
附 則
この規則は、昭和48年4月1日から施行する。
附 則(昭和50年3月28日規則第11号)
この規則は、昭和50年4月1日から施行する。
附 則(昭和51年3月29日規則第13号)
この規則は、昭和51年4月1日から施行する。
附 則(平成5年2月10日規則第4号)
この規則は、公布の日から施行し、平成5年1月15日から適用する。
附 則(平成24年7月5日規則第33号)
この規則は、平成24年7月9日から施行する。
附 則(平成29年12月25日規則第53号)
この規則は、公布の日から施行する。
別表

被害の区分

支給区分

金額

単身の世帯

2人以上の世帯

住宅被害

全焼・全壊・流失・埋没

1棟につき

100,000

300,000

半焼・半壊・半流失・半埋没・床上浸水

1棟につき

50,000

100,000

死亡

1人につき

100,000円

負傷

1人につき

50,000円

畜舎被害

全焼・全壊・流失・埋没

1棟につき

300,000円

半焼・半壊・半流失・半埋没

1棟につき

100,000円

事業所・店舗等被害

全焼・全壊・流失・埋没

1棟につき

300,000円

半焼・半壊・半流失・半埋没・床上浸水

1棟につき

100,000円